日本語教師の日記

日本語教育能力検定試験の対策、日本語教師の求人、日本語教師の現実、日本語教師になるには、日本語教師の資格など日本語教師に関する何でもブログ。

平成29年度 日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題2

H29日本語教育能力検定試験Ⅰの問題2は異なる種類の学習者の誤用を選ぶ問題です。

(1)「知っています」を「ちっています」と発音する誤用

これは語頭の子音の誤りです。

1「や」が「じゃ」

2「じょ」が「よ」

3「つ」が「す」

これも語頭の子音の誤りです。

4は「しゅ」を「しゅう」としているので語頭の子音が誤っていませんが、「しゅ」→「しゅー」と長音になっています。よって、正解は4です。

(2)「担当者」を「たんとうもの」という誤用

これは音読みすべきものを訓読みした誤りです。

2、3、4も音読みすべき漢字を訓読みしています。

ですが、1は「だい」と読むべきを「たい」と呼んでいるので有声音が無声音になっています。

よって、正解は1です。

(3)

 

日本語教育能力検定試験の解説
お問い合わせ
プライバシーポリシー