日本語教師の日記

日本語教育能力検定試験の対策、日本語教師の求人、日本語教師の現実、日本語教師になるには、日本語教師の資格など日本語教師に関する何でもブログ。

下北沢駅周辺でpaypay(ペイペイ)が使える飲食店・居酒屋の一覧

ペイペイの20%キャッシュバックキャンペーンを下北沢駅で使いたい。 ということで、下北沢駅周辺でpapypayが使える居酒屋・飲食店を調べてみました。 ・魚民 下北沢南口駅前店 ・白木屋下北沢南口駅前店 ・アティコドス ・808ラウンジ ・熊本牧場直営 原田…

下北沢駅周辺でpaypay(ペイペイ)が使える飲食店・居酒屋の一覧

ペイペイの20%キャッシュバックキャンペーンを下北沢駅で使いたい。 ということで調べてみました。下北沢駅周辺でぺいぺいが使える居酒屋・飲食店を調べてみました。 ・魚民 下北沢南口駅前店 ・白木屋下北沢南口駅前店 ・アティコドス ・808ラウンジ ・熊…

平成29年度 日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題2

H29日本語教育能力検定試験Ⅰの問題2は異なる種類の学習者の誤用を選ぶ問題です。 (1)「知っています」を「ちっています」と発音する誤用 これは語頭の子音の誤りです。 1「や」が「じゃ」 2「じょ」が「よ」 3「つ」が「す」 これも語頭の子音の誤り…

【日本人は褒められたとき何と答える?】『コミュニケーションを伸ばす授業づくり』の感想

「そのバッグ、素敵ですね」と褒められたとき、日本人は何と答えるでしょうか? 否定する、と答える日本語学習者が多いそうです。 その理由は日本語教科書にそう書いてあり、日本語講師がそう教えているから。 しかし、『コミュニケーション能力を伸ばす授業…

【「って」は何の略?】平成29年度 日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題1の(15)

H29日本語教育能力検定試験Ⅰの問題Ⅰの(15)は【「って」の用法】です。 話し言葉ではいろいろな意味の「って」があるのでよく学生に聞かれますよね。 1の「って」は引用の「と」の意味です。話し言葉では「と」が「って」になることが多いです。 2、3、4…

【敬語おすすめ動画とは】平成29年度 日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題1の(14)

H29日本語教育能力検定試験Ⅰの問題Ⅰの(14)は【「ご」の用法】です。 私は敬語が苦手です…。敬語の授業をおもしろくするにはどうすればいいのだろう…という悩みはさておき、敬語といえば、文化庁の『敬語の指針』ですね。一番信頼できる資料ですし、敬語に関…

【副詞の呼応とは】平成29年度 日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題1の(13)

H29日本語教育能力検定試験Ⅰの問題Ⅰの(13)は【副詞の呼応】です。 副詞の呼応とは 副詞とは、主に述語を修飾する言葉。活用がありません。 副詞は、状態副詞・程度副詞・陳述副詞の3つに分類するのが有名です。 状態副詞とは 状態副詞(情態副詞・様態副詞…

【否定の焦点とは】平成29年度 日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題1の(12)

H29日本語教育能力検定試験Ⅰの問題Ⅰの(12)は【否定の焦点】です。 否定の焦点とは、否定されているのはどこか、ということですね。 1はぶつけたことを否定しているのではなく「わざと」を否定しています。 2は泣いていることを否定しているのではなく、「…

【継起表現とは】平成29年度 日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題1の(11)

H29日本語教育能力検定試験Ⅰの問題Ⅰの(11)は【二つの出来事の継起を表す表現】です。 継起とは、つづいて起こること。 継起表現とは、時間的な前後関係を表す表現です。 各選択肢を見てみると、 1から4はいずれも、前件のあとすぐ後件が起こったという意味…

【終助詞おすすめ本とは】平成29年度 日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題1の(10)

H29日本語教育能力検定試験Ⅰの問題Ⅰの(10)は【行為要求のモダリティ】です。 行為要求のモダリティとは? モダリティとは、話し手の気持ちを表す言葉です。 行為要求のモダリティとは、行為を要求する表現です。 各選択肢をみていきます 1 こっちに来な 相…

平成29年度 日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題1の(9)

H29日本語教育能力検定試験Ⅰの問題Ⅰの(9)は【形容詞の格】です。 形容詞の格とは? 形容詞の格とは、形容詞が文中の他の語に対してどのような関係にあるか、ということです。 というわけで各選択肢の形容詞と名詞がどのような関係にあるかみていきます。 1 …

平成29年度 日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題1の(8)

H29日本語教育能力検定試験Ⅰの問題Ⅰの(8)は【助動詞の意味】です。 打消しの「ぬ」と完了の「ぬ」の見分け方 打消しの助動詞「ぬ(ず)」と完了の助動詞「ぬ」を見分ける問題です。 基本形 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形 打消し 「ぬ」 「ず」…

平成29年度 日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題1の(7)

H29日本語教育能力検定試験Ⅰの問題Ⅰの(7)は【活用】です。 動詞の種類の見分け方 「活用」とは、いろいろな場面で活躍するために語の形が変化することです(例:食べる→食べない)。 本問は全て動詞なので動詞の活用が問題になります。 五段活用(Ⅰグループ…

平成29年度 日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題1の(6)

H29日本語教育能力検定試験Ⅰの問題Ⅰの(6)は【派生語の語構成】です。 語構成とは 日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第4版p113によると、 語構成とは「語がどのように組み立てられているか、その結び付き方に着目したもの」です。 語構成は、単純語と合成…

平成29年度 日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題1の(5)

H29日本語教育能力検定試験Ⅰの問題Ⅰの(5)は【借用における文法形式の脱落】です。 借用語とは、他の言語から別の言語に取り入れられた言葉のことです。 それぞれのもとの言語を見てみると 1 マッシュポテト(mashed potato) 2 シフォンケーキ(chiffon ca…

平成29年度 日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題1の(4)

H29日本語教育能力検定試験Ⅰの問題Ⅰの(4)は【漢字の成り立ち】です。 漢字は成り立ちや用法に基づいて以下の6つにわけられます。 ① 象形文字(もともとの形を絵で表した漢字) 例:山、大、木 ② 指事文字(抽象的な内容を線や点で表した漢字) 例:一、二、…

平成29年度 日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題1の(3)

H29日本語教育能力検定試験Ⅰの問題Ⅰの(3)は【東京方言のアクセント型】です。 1 まぐろのアクセントは低高高 2 はまちのアクセントは低高高 3 うなぎのアクセントは低高高 4 あわびのアクセントは高低低 5 あなごのアクセントは低高高 よって答えは4で…

平成29年度 日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題1の(2)

H27日本語教育能力検定試験Ⅰの問題Ⅰの(2)は【句末での無声化】です。 句末で母音が無声化するのは、 き・く・し・す・ち・つ・ひ・ふ・ぴ・ぷ・しゅ です。 それぞれの句末を確認すると 1 「う」 2 「む」 3 「い」 4 「り」 5 「しゅ」 よって、答えは…

H29日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題1の(1)

H29日本語教育能力検定試験Ⅰ問題1の(1)の解説 音声記号が大問で扱われた平成25年度を除き、冒頭は毎年音声記号問題です。 詳しくは以下の記事をご参照ください。 kyujin.nihongokyouiku.net 平成29年度(2017年)日本語教育能力検定試験Ⅰの問題1…

ちいさい言語学者の冒険には日本語を教える時に知っておくべきことがたくさん書いてありました。

日本語教師の大先輩にすすめられちいさい言語学者の冒険を読みました。 「は」にテンテンをつけたらなんていう?(P2) というトピックでは日本語教育能力検定試験で勉強したことを思い出したり、「か」と「と」の使い方は難しい(p60)では、「リスちゃんが泣き…

【日本語教師就職・転職の最短ルート】日本語教師採用の合同説明会に行ってきました。

日本語学校の入学時期は1年に4回(4月、7月、10月、1月)あり、その2ヶ月前に求人が増えます。日本語教師採用の合同説明会も同じタイミングで開催されているようです。 というわけで行ってきました。 www.ijec.or.jp 圧倒されました。 目次 日本語教…

日本語教師の求人と給料(時給)について調べたら、栃木が凄かった件

国内の日本語教師の給料と求人を調べました。 海外の日本語教師の求人については下記記事参照 kyujin.nihongokyouiku.net 海外の日本語教師の給料については下記記事参照 kyujin.nihongokyouiku.net 目次 【2017年2月版】日本語教師の給料ランキング 【2017…

自作教材の注意点とブレンディッドラーニング H28日本語教育能力検定試験Ⅰ問題5の解説

日本語を教える際に主教材として最も使われている教科書は『みんなの日本語』。『みん日』と呼べば日本語教師気分になれます。 すぐに使える「レアリア・生教材」アイデア帖―日本語教師必携 目次 問1 教材を自作する際に気をつけること 問2 ブレンディッド・…

CLILとはクリルと読み、日本語では内容言語型統合型学習です。H28日本語教育能力検定試験Ⅰ問題4問5の解説

CLILは、新しい語学学習法です。日本語教育の現場にも広まるでしょうか。 CLIL 新しい発想の授業 目次 CLILとは CLILの特徴とは? 2016日本語教育能力検定試験Ⅰ問題4問5の解説 CLILとは CLIL(Content and Language Integrated Learning)はクリルと読みます…

コミュニケーションストラテジーとは? H28日本語教育能力検定試験Ⅰ問題4問4の解説

コミュニケーションストラテジー(伝達方略)の種類を覚えてピンチのときに活用しよう! 目次 コミュニケーションストラテジーとは コミュニケーションストラテジーの種類 言い換え(パラフレーズ) 言い換えの例 身振り(ジェスチャー) 身振りの例 回避 回…

コミュニカティブアプローチとは? H28日本語教育能力検定試験Ⅰ問題4の解説

2016日本語教育能力検定試験Ⅰの問題4は、コミュニケーション能力の育成を重視した教授理念です。この記事ではコミュニカティブ・アプローチ、タスク中心の教授法について学びます。 日本語教育能力検定試験に合格するための教授法37 (日本語教育能力検定試験…

正しい日本語の使い方を教える前に正しい日本語とは何かを学ぶべし。 H28日本語教育能力検定試験Ⅰ問題3Dの解説

2016日本語教育能力検定試験Ⅰの問題3Dは、「正しい」日本語に関する問題です。何が正しい日本語なのかは意外と難しくて日本語教師を悩ませます。 正しい日本語の使い方 目次 (16)正しい日本語とは? (17)正しい日本語の使い方を学ぶのが難しい理由とは?…

【音便とは?】撥音便、促音便、イ音便、ウ音便、4種類の音便の見分け方 H28日本語教育能力検定試験Ⅰ問題3C(15)の解説

日本語の音便の種類について学びます。なぜ音便は存在するのでしょうか? 日本語の歴史5上 音便の千年紀 目次 音便とは 音便の種類 撥音便とは 撥音便化の例 促音便とは 促音便化の例 イ音便とは イ音便の例 ・動詞の連用形のイ音便化 ・形容詞の連用形のイ…

連濁と連声は試験に出るので法則と例外を覚えよう。H28日本語教育能力検定試験Ⅰ問題3C(14)の解説

語形成に関する音変化(連濁と連声)は、日本語教育能力検定試験でよく出題されるので、連濁のルール、ライマンの法則と例外、連声現象の規則を覚えましょう。 目次 連濁の意味 連濁の例 連濁の法則 連濁しにくい語 ライマンの法則とは ライマンの法則の例 …

【無声化の法則】母音の無声化のルールが関西人には通じない? H28日本語教育能力検定試験Ⅰ問題3C(13)の解説

母音の無声化の法則は複雑なので、基本ルールだけ覚えるとよいです。 目次 母音の無声化とは 母音が無声化する基本条件 無声化のルール1:[ i ][u]が無声子音に挟まれている。 無声化のルール2:[ i ][u]が無声子音の後で、語句の終わり。 無声音と有声音…

日本語教育能力検定試験の解説
お問い合わせ
プライバシーポリシー