読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本語教師を職業にするブログ

日本語教育能力検定試験の対策、日本語教師の求人、日本語教師の現実、日本語教師になるには、日本語教師の資格など日本語教師に関する何でもブログ。

2016日本語教育能力検定試験の解説

自作教材の注意点とブレンディッドラーニング H28日本語教育能力検定試験Ⅰ問題5の解説

日本語を教える際に主教材として最も使われている教科書は『みんなの日本語』。『みん日』と呼べば日本語教師気分になれます。 すぐに使える「レアリア・生教材」アイデア帖―日本語教師必携 目次 問1 教材を自作する際に気をつけること 問2 ブレンディッド・…

CLILとはクリルと読み、日本語では内容言語型統合型学習です。H28日本語教育能力検定試験Ⅰ問題4問5の解説

CLILは、新しい語学学習法です。日本語教育の現場にも広まるでしょうか。 CLIL 新しい発想の授業 目次 CLILとは CLILの特徴とは? 2016日本語教育能力検定試験Ⅰ問題4問5の解説 CLILとは CLIL(Content and Language Integrated Learning)はクリルと読みます…

コミュニケーションストラテジーとは? H28日本語教育能力検定試験Ⅰ問題4問4の解説

コミュニケーションストラテジー(伝達方略)の種類を覚えてピンチのときに活用しよう! 目次 コミュニケーションストラテジーとは コミュニケーションストラテジーの種類 言い換え(パラフレーズ) 言い換えの例 身振り(ジェスチャー) 身振りの例 回避 回…

コミュニカティブアプローチとは? H28日本語教育能力検定試験Ⅰ問題4の解説

2016日本語教育能力検定試験Ⅰの問題4は、コミュニケーション能力の育成を重視した教授理念です。この記事ではコミュニカティブ・アプローチ、タスク中心の教授法について学びます。 日本語教育能力検定試験に合格するための教授法37 (日本語教育能力検定試験…

正しい日本語の使い方を教える前に正しい日本語とは何かを学ぶべし。 H28日本語教育能力検定試験Ⅰ問題3Dの解説

2016日本語教育能力検定試験Ⅰの問題3Dは、「正しい」日本語に関する問題です。何が正しい日本語なのかは意外と難しくて日本語教師を悩ませます。 正しい日本語の使い方 目次 (16)正しい日本語とは? (17)正しい日本語の使い方を学ぶのが難しい理由とは?…

【音便とは?】撥音便、促音便、イ音便、ウ音便、4種類の音便の見分け方 H28日本語教育能力検定試験Ⅰ問題3C(15)の解説

日本語の音便の種類について学びます。なぜ音便は存在するのでしょうか? 日本語の歴史5上 音便の千年紀 目次 音便とは 音便の種類 撥音便とは 撥音便化の例 促音便とは 促音便化の例 イ音便とは イ音便の例 ・動詞の連用形のイ音便化 ・形容詞の連用形のイ…

連濁と連声は試験に出るので法則と例外を覚えよう。H28日本語教育能力検定試験Ⅰ問題3C(14)の解説

語形成に関する音変化(連濁と連声)は、日本語教育能力検定試験でよく出題されるので、連濁のルール、ライマンの法則と例外、連声現象の規則を覚えましょう。 目次 連濁の意味 連濁の例 連濁の法則 連濁しにくい語 ライマンの法則とは ライマンの法則の例 …

【無声化の法則】母音の無声化のルールが関西人には通じない? H28日本語教育能力検定試験Ⅰ問題3C(13)の解説

母音の無声化の法則は複雑なので、基本ルールだけ覚えるとよいです。 目次 母音の無声化とは 母音が無声化する基本条件 無声化のルール1:[ i ][u]が無声子音に挟まれている。 無声化のルール2:[ i ][u]が無声子音の後で、語句の終わり。 無声音と有声音…

【自由異音とは?】日本語の自由異音と条件異音の違い H28日本語教育能力検定試験Ⅰ問題3Cの解説

2016年日本語教育能力検定試験Ⅰの問題3Cは、日本語の音変化に関する問題です。日本語の音の構造、自由異音と条件異音の例を学びます。 目次 異音とは 日本語の異音の例 音素とは 自由異音とは 日本語の自由異音の例 条件異音とは 日本語の条件異音の例 直後…

似た意味なのに日本語と英語で品詞が異なる述語とは? H28日本語教育能力検定試験Ⅰ問題3Bの解説

"want"は動詞だと思いますか?「欲しい」は動詞だと思いますか? 2016年日本語教育能力検定試験Ⅰの問題3Bは、状態性の述語に関する問題です。述語(形容詞・名詞・動詞)は、状態性の述語と非状態性の述語に分けられます。 目次 (6)状態性の動詞とは? (…

【動詞の活用形の種類】五段動詞・一段動詞ではない動詞の分類方法とは? H28日本語教育能力検定試験Ⅰ問題3Aの解説

2016年日本語教育能力検定試験Ⅰの問題3Aは、動詞の活用と分類に関する問題です。国語学・国語教育では、動詞の分類に関して、動詞の活用に基づく2つの分類方法があります。 目次 活用語尾の母音の変化に基づく分類方法 五段動詞とは 一段動詞とは 不規則動…

【日本語学習者の誤用の例】H28日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題2

平成28年度(2016年)日本語教育能力検定試験Ⅰの問題2は、例年どおり学習者の誤用と異なる種類の誤用を選ぶ問題です。 目次 (1)有声音の無声化 (2)「なりました」に接続するイ形容詞とナ形容詞の連用形の違い (3)「よく」と「たくさん」の違い 「…

孤立語と膠着語と屈折語の違いとは? H28日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題1の(15)

翻訳できない世界のことば 目次 言語類型論の種類 形態的類型論は、語形変化に着目 孤立語とは 孤立語に近い例 膠着語とは 膠着語の例 屈折語とは 屈折語の例 統語的類型論は、語順に着目 SOV型の言語の例 SVO型の言語の例 VSO型の言語の例 VOS型の言語の例 …

【文語と口語】「ので」「から」「ため」の違いとは? H28日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題1の(14)

「SMAPが解散したので会社を休んだ」と「SMAPが解散したため会社を休んだ」の違いは何でしょう?話し言葉と書き言葉? 目次 「ので」の意味 「ので」と「から」の違い 未確定の事柄で「から」しか使えない例 実現済みの事柄は「ので」のほうが自然という例 …

割合を表す表現とは? H28日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題1の(13)

「手当たり次第告白したら、10人に1人がOKしてくれた」の「に」が割合を表す表現になります。 目次 割合とは 2016日本語教育能力検定試験Ⅰ問題1(13)【割合を表す表現】の解説 1,につき 2,に対して 3,あたりの 4,にて 5,に 割合とは 割合とは、二つ…

「ことにする」と「ことになる」の違いとは? H28日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題1の(12)

「忘年会でピコ太郎をやることにした」と「忘年会でピコ太郎をやることになった」の違いを説明します。 目次 「ことにする」の意味 「ことにする」と「ことになる」の違い 「ことにする」の用例 「ことになる」の用例 「ことになる」の例外 「ことにする」と…

「ぱなし」と「まま」の違いとは? H28日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題1の(11)

「立ちっぱなし」と「立ったまま」の違いは何でしょう? 目次 「〜っぱなし」の意味 「〜たまま」の意味 「〜っぱなし」と「〜たまま」の使い分け 「〜っぱなし」と「〜たまま」の意味の違い 2016日本語教育能力検定試験Ⅰ問題1(11)【「〜ぱなし」の意味】の…

【格助詞と準体助詞と接続助詞の違い】「から」の3つの用法とは? H28日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題1の(10)

「私が結婚できないのは、ネコが可愛すぎるからだ」の「から」は何でしょう? 目次 「から」の種類 接続助詞の「から」 接続助詞の意味 接続助詞の「から」の例 準体助詞の「から」 準体助詞の意味 準体助詞とは、語句全体を体言化する助詞です。スーパー大…

【モダリティとは?】日本語教育におけるモダリティと命題の違い H28日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題1の(9)

「ピコ太郎でいくべきだ」の「べきだ」がモダリティです。モダリティー(ムード)とは何かを学びます。 目次 モダリティと命題 命題の意味 モダリティの意味 モダリティの種類 対事的モダリティの意味 対人的モダリティの意味 対事的モダリティと対人的モダ…

【形式名詞の見分け方】日本語の形式名詞とは? H28日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題1の(8)

「彼氏が浮気していることをフェイスブックで知った」の「こと」が形式名詞です。形式名詞とは何かを学びます。 目次 名詞の種類 無情名詞と有情名詞 無情名詞の意味 無情名詞の例 有情名詞の意味 有情名詞の例 有生性(アニマシー)とは 形式名詞と実質名詞…

【複合動詞の構造と意味用法】日本語の複合動詞とは? H28日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題1の(7)

「日本語教師養成講座420時間コースのことを思い出す」の「思い出す」が複合動詞です。複合動詞は日本語教育能力検定試験のお気に入りなので確実に理解しましょう。 目次 複合動詞とは 複合動詞の例 2016日本語教育能力検定試験Ⅰ問題1(7)【複合動詞の意味】…

日本語の自動詞と他動詞と使役の違いとは? H28日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題1の(6)

動詞の自他、すなわち自動詞と他動詞の違いといえば若かりし学生時代、英語学習で散々悩まされた嫌な思い出しかありませんが日本語でも自動詞と他動詞の区別は重要で日本語教育能力検定試験では頻繁に出題されています。 目次 自動詞と他動詞の違い 日本語の…

連体詞と形容詞と副詞の違いとは? H28日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題1の(5)

「大きな人が好きです」の「大きな」は連体詞ですが「大きい人が好きです」の「大きい」は形容詞なのはどうして? 連体詞とは何か、連体詞の一覧、連体詞の覚え方、連体詞と形容詞の違いについて説明します。 目次 連体詞の意味 連体詞と形容詞の違い 連体詞…

【ナイ形の作り方】一段活用と五段活用の違いとは? H28日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題1の(4)

目次 ナイ形の作り方 動詞1グループ(五段活用)のナイ形の作り方 グループ1のナイ形の例 動詞2グループ(一段活用)のナイ形の作り方 グループ2のナイ形の例 動詞3グループ(カ行変格活用・サ行変格活用) グループ3のナイ形の例 ナイ形の作り方の例…

接辞を添加すると品詞が変化する日本語とは? H28日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題1の(3)

「綺麗に丸まるネコはニャンモナイトと呼ばれている」の「まる」が接尾辞です。日本語では接尾辞が添加されると品詞が変化することが多いです。日本語の接辞とは何か。接辞添加で品詞はどう変わるのか。試験に出るポイントを学びます。 アンモナイトのフリー…

【助数詞が数詞の読み方を決める】H28日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題1の(2)

「一匹のノラネコが仲間になりたそうにこちらを見ている」の「匹」が助数詞です。助数詞と数詞の読み方のルールを説明します。 目次 助数詞の意味 助数詞の一覧 助数詞の読み方のルール 数詞の音読み 数詞の訓読み 音読みの助数詞の一覧 訓読みの助数詞の一…

【音声記号の覚え方】過去問から日本語教育能力検定試験2017の問題を予想する。H28日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題1の(1)

試験合格の最短ルートは過去問にあります。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるからです。過去問を解きながらその周辺分野を学ぶことが望ましいです。 そこでこのブログでは、勉強を始めたばかりの方でも過去問に取り掛かれるよう、基本…

日本語教育能力検定試験の解説
お問い合わせ
プライバシーポリシー