日本語教師の日記

日本語教育能力検定試験の対策、日本語教師の求人、日本語教師の現実、日本語教師になるには、日本語教師の資格など日本語教師に関する何でもブログ。

【ナイ形の作り方】一段活用と五段活用の違いとは? H28日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題1の(4)

Sponsored Link

You mean nothing to me.

目次

ナイ形の作り方

動詞1グループ(五段活用)のナイ形の作り方

ア段にナイをつけます。

グループ1のナイ形の例

蹴る→蹴らない

走る→走らない

書く→書かない

動詞2グループ(一段活用)のナイ形の作り方

語幹にナイをつけます。

グループ2のナイ形の例

見る→見+ない→見ない

起きる→起き+ない→起きない

動詞3グループ(カ行変格活用・サ行変格活用)

「来る」と「する」の2つだけなのでそのまま覚えます。

グループ3のナイ形の例

来る→来ない

する→しない

ナイ形の作り方の例外

「ある」はグループ1(五段活用)ですが、「あらない」とはいいません。「ない」を使います。

2016日本語教育能力検定試験Ⅰ問題1(4)【ナイ形】の解説

以上の知識をもとに、平成28年度(2016年)日本語教育能力検定試験Ⅰ問題1(4)【ナイ形】を検討いたします。各選択肢をナイ形にしてみます。

1,ける→けらない

2,みる→みない

3,はしる→はしらない

4,ある→あらない☓ ない○

5,おきる→おきない

よって、4が正解です。

日本語教育能力検定試験の解説
お問い合わせ
プライバシーポリシー