日本語教師の日記

日本語教育能力検定試験の対策、日本語教師の求人、日本語教師の現実、日本語教師になるには、日本語教師の資格など日本語教師に関する何でもブログ。

コミュニケーションストラテジーとは? H28日本語教育能力検定試験Ⅰ問題4問4の解説

Sponsored Link

コミュニケーションストラテジー伝達方略)の種類を覚えてピンチのときに活用しよう!

目次

コミュニケーションストラテジーとは

コミュニケーションストラテジーとは、コミュニケーション上の問題を切り抜けようとして用いるストラテジー(方略)。

コミュニケーションストラテジーの種類

言い換え(パラフレーズ)

適切な言葉が分からないとき、別の言葉で言い換えます。

言い換えの例

「なんだっけ…あの、にゃーにゃー言う生き物」

身振り(ジェスチャー)

該当する言葉が分からないとき、ジェスチャーなど非言語手段を用います。

身振りの例

(小指を立てて)「これかい?」

回避

難しい言葉を使わず簡単な言葉だけで話したり、話そうとした内容の言葉がわからなかった場合に途中でやめたり。

回避の例

「僕は前からあなたのことがす…す…すし飯って古米のほうが美味しいんですよね」

話題転換

相手の話が分からない場合、話題を変えます。

話題転換の例

「浮気してるでしょ?」「今日は天気いいなあ」

言語交換(借用)

その言語での言葉が分からない時、部分的に母語を使います。

言語交換の例

「ユーは何しに日本へ?」

2016日本語教育能力検定試験Ⅰ問題4問4の解説

以上の知識をもとに平成28年度日本語教育能力検定試験Ⅰ問題4問4を検討します。学習者が言語上の問題を切り抜けようとして用いるコミュニケーション・ストラテジーの例として不適当なものを選びます。

1,言語上の問題が起こったら、話題を違うものに変えるのは、コミュニケーションストラテジーの話題転換です。

2,難しい言語形式の使用を避けたり、言いたい内容を省略したりするのは、コミュニケーションストラテジーの回避です。

3,母語を直訳したり、母語の語彙をそのまま使ったりするのは、コミュニケーションストラテジーの言語交換です。

4,言語上の問題が起こっても、気にしないように自分を励ますのは、情緒や態度をコントロールすることなので、情意ストラテジーです。

よって、4が正解です。

YOUは何しに日本へ? マーティン&ニセコYOU編 [DVD]

日本語教育能力検定試験の解説
お問い合わせ
プライバシーポリシー