日本語教師の日記

日本語教育能力検定試験の対策、日本語教師の求人、日本語教師の現実、日本語教師になるには、日本語教師の資格など日本語教師に関する何でもブログ。

H29日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題1の(1)

Sponsored Link

 H29日本語教育能力検定試験Ⅰ問題1の(1)の解説

音声記号が大問で扱われた平成25年度を除き、冒頭は毎年音声記号問題です。

詳しくは以下の記事をご参照ください。

kyujin.nihongokyouiku.net

 平成29年度(2017年)日本語教育能力検定試験Ⅰの問題1は例年どおり、他と性質の異なるものの五肢択一です。

(1)【音声的対立】という観点から見て、他と性質の異なるものをえらぶ問題です。

1 [θ]無声歯摩擦音:[ð]有声歯摩擦音

2 [ç]無声硬口蓋摩擦音:[ɸ]無声両唇摩擦音

3 [t]無声歯茎破裂音:[d]有声歯茎破裂音

4,[ɕ]無声歯茎硬口蓋摩擦音:[ʑ]有声歯茎硬口蓋摩擦音

5,[p]無声両唇破裂音:[b]有声両唇破裂音

1,3,4,5は声帯振動(有音・無声)の対立ですが、2は調音点の対立です。よって、2が正解です。 

日本語教育能力検定試験の音声記号問題対策におすすめの参考書

音声学は初めてという人でも、段階を追って「易→難」へと学習が進められるように構成を配慮。各課の見出し、用語、説明などは、基本的に日本語教育能力検定試験に準拠。(amazonの内容紹介より)

日本語教育能力検定試験に合格するための音声23は冒頭の音声記号問題はもちろんのこと、試験Ⅱ聴解問題の対策にもなります。特に巻末の国際音声記号表(口腔断面図付き)は試験Ⅱの問題3対策に最適です。私はコピーして机の前に貼っていました。

日本語教育能力検定試験の解説
お問い合わせ
プライバシーポリシー