日本語教師の日記

日本語教育能力検定試験の対策、日本語教師の求人、日本語教師の現実、日本語教師になるには、日本語教師の資格など日本語教師に関する何でもブログ。

平成29年度 日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題1の(4)

Sponsored Link

H29日本語教育能力検定試験Ⅰの問題Ⅰの(4)は【漢字の成り立ち】です。

 

漢字は成り立ちや用法に基づいて以下の6つにわけられます。

① 象形文字(もともとの形を絵で表した漢字)

例:山、大、木

② 指事文字(抽象的な内容を線や点で表した漢字)

例:一、二、三

③ 会意文字(意味を表す記号を組み合わせて作った漢字)

例:男、泣、尿、青

④ 形声文字(意味を表す記号と音を表す記号を組み合わせて作った漢字)

例:晴、清、河、

⑤ 転注文字(本来の意味から転じた意味で使っている漢字)

例:「長」はもともと「としより」という意味だったが、「ながい」という意味でも使われるようになった。

⑥ 仮借文字(音が似た字を使った漢字)

例:ロシアのことを「露」という。

 

問題を見てみると、

1 日は象形文字

2 月は象形文字

3 川は象形文字

4 山は象形文字

5 林は会意文字

 

よって答えは5です。

日本語教育能力検定試験の解説
お問い合わせ
プライバシーポリシー