日本語教師の日記

日本語教育能力検定試験の対策、日本語教師の求人、日本語教師の現実、日本語教師になるには、日本語教師の資格など日本語教師に関する何でもブログ。

平成29年度 日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題1の(5)

Sponsored Link

H29日本語教育能力検定試験Ⅰの問題Ⅰの(5)は【借用における文法形式の脱落】です。

借用語とは、他の言語から別の言語に取り入れられた言葉のことです。

それぞれのもとの言語を見てみると

1 マッシュポテト(mashed potato)

2 シフォンケーキ(chiffon cake) 

3 スモークチーズ(smoked cheese)

4 アイスコーヒー(iced coffee)

5 スクランブルエッグ(scrambled eggs)

1,3,4,5は、「された」という意味を表す受動態(受身形)の"ed"が脱落していますが(マッシュドポテトではなくマッシュポテト)、シフォンケーキに文法形式の脱落はありません。

よって答えは2です。

日本語教育能力検定試験の解説
お問い合わせ
プライバシーポリシー