日本語教師の日記

日本語教育能力検定試験の対策、日本語教師の求人、日本語教師の現実、日本語教師になるには、日本語教師の資格など日本語教師に関する何でもブログ。

平成29年度 日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題1の(8)

Sponsored Link

H29日本語教育能力検定試験Ⅰの問題Ⅰの(8)は【助動詞の意味】です。

打消しの「ぬ」と完了の「ぬ」の見分け方

打消しの助動詞「ぬ(ず)」と完了の助動詞「ぬ」を見分ける問題です。

基本形 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形

打消し 

「ぬ」     「ず」「ぬ(ず)」「ぬ」「ね」

    「ざら」「ざり」    「ざる」「ざれ」 

 

完了

「ぬ」 「な」  「に」 「ぬ」 「ぬる」「ぬれ」「ね」

 

見分け方は、

打消しの「ぬ」は動詞の未然形(ない形の「ない」ドロップ)につき、

完了の「ぬ」は動詞の連用形(ます形の「ます」ドロップ)につきます。

解説

それぞれの意味を確認します。

1 風立ちぬ

連用形(立ちます)についているので、完了の「ぬ」です。

打消しの場合は「風立たぬ」となります(例:「沈まぬ太陽」)

同様に「風と共に去りぬ」も完了の「ぬ」です(打消しなら「風と共に去らぬ」)。

2 招かれざる客

「ざる」の形は完了にはありません。

3 転ばぬ先の杖

未然形(転ばない)についているので、打消しの「ぬ」です。

打消しの場合は「転び」につきますが、後ろが「先」という連体詞なので連体形「ぬる」になり「転びぬる杖」となります。

4 なきにしもあらず

「ず」の形は完了にはありません。

5 見て見ぬふりをする

未然形も連用形も「見」ですが、後ろが「ふり」という連体詞なので、「ぬ」は打消しのみです。完了の連体形は「ぬる」なので完了の場合は「見ぬるふり」となります。

 

以上より、1のみ完了の意味なので答えは1です。

日本語教育能力検定試験の解説
お問い合わせ
プライバシーポリシー