日本語教師の日記

日本語教育能力検定試験の対策、日本語教師の求人、日本語教師の現実、日本語教師になるには、日本語教師の資格など日本語教師に関する何でもブログ。

【終助詞おすすめ本とは】平成29年度 日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題1の(10)

Sponsored Link

H29日本語教育能力検定試験Ⅰの問題Ⅰの(10)は【行為要求のモダリティ】です。

行為要求のモダリティとは?

モダリティとは、話し手の気持ちを表す言葉です。

行為要求のモダリティとは、行為を要求する表現です。

各選択肢をみていきます

1 こっちに来な

相手にこっちに来る行為を要求していますね。

2 こっちに来るな

相手にこっちに来ることをやめる行為を要求していますね。

3 こっちに来ないね

相手に行為を要求していません。

猫カフェで「ネコ、こっちに来ないね」

猫がこっちに来ないことを一緒に来た友達に確認しています。

悲しいですね。

4 こっちに来てくれ

相手にこっちに来るように要求(お願い)しています。

5 こっちに来てください

相手にこっちに来るように要求(お願い)しています。

よって答えは3です。

終助詞を教えるのにおすすめの日本語本

「こっちに来ないね」で思い出したのですが、学生から終助詞の「ね」「よ」「よね」などの意味について聞かれることがありますよね。

そんなときにおすすめの本がこちらです。

わかる!話せる!日本語会話 基本文型88 (Speak Japanese!)

わかる!話せる!日本語会話 基本文型88 (Speak Japanese!)

 

すぐに使える表現が会話とともにのっているので超実用的です。

終助詞など日本語で大事な表現についての説明が日本語・英語・中国語で簡潔にのっています。 

終助詞について聞かれても説明する時間がない場合、

「この本を買って勉強してね」

と言いたい。

日本語教育能力検定試験の解説
お問い合わせ
プライバシーポリシー