日本語教師の日記

日本語教育能力検定試験の対策、日本語教師の求人、日本語教師の現実、日本語教師になるには、日本語教師の資格など日本語教師に関する何でもブログ。

【副詞の呼応とは】平成29年度 日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題1の(13)

Sponsored Link

H29日本語教育能力検定試験Ⅰの問題Ⅰの(13)は【副詞の呼応】です。

副詞の呼応とは

副詞とは、主に述語を修飾する言葉。活用がありません。

副詞は、状態副詞・程度副詞・陳述副詞の3つに分類するのが有名です。

状態副詞とは

状態副詞(情態副詞・様態副詞ともいう)とは、動作や作用の様子を表します。

例)ひょいと猫が膝に飛び乗ってきた。

程度副詞とは

程度副詞とは、動作や状態の程度を表します。

例)猫語は多少わかります。

陳述副詞とは

陳述副詞とは、文末とセットになって(呼応して)何らかの陳述的意味を表す副詞です。

例)たぶんこの猫は私のことが好きだろう(推量を表す陳述副詞)

解説

1「いまだ~ない」否定を表す陳述副詞です。

2「なぜ~だろうか」疑問を表す陳述副詞です。

3「もし~ならば」仮定を表す陳述副詞です。

4「どうぞ~てください」依頼を表す陳述副詞です。

5「あいにく~ない」? 「あいにく」は文末とセットになりません。否定形だけじゃなく「あいにくの雨」「あいにく予定がある」などの言い方もあります。

例)あいにく私は猫が嫌いだ。

あいにくは都合が悪く残念な様子を表す状態副詞でしょうか。

あるいは3分類にこだわらず評価を表す評価副詞とすべきでしょうか。

よくわかりませんが他とは違うので、答えは5です。

日本語教育能力検定試験の解説
お問い合わせ
プライバシーポリシー