日本語教育能力検定試験の解説

日本語教育能力検定試験の解説をしています。

2018-09-02から1日間の記事一覧

【日本人は褒められたとき何と答える?】『コミュニケーションを伸ばす授業づくり』の感想

「そのバッグ、素敵ですね」と褒められたとき、日本人は何と答えるでしょうか? 否定する、と答える日本語学習者が多いそうです。 その理由は日本語教科書にそう書いてあり、日本語講師がそう教えているから。 しかし、『コミュニケーション能力を伸ばす授業…

【「って」は何の略?】平成29年度 日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題1の(15)

H29日本語教育能力検定試験Ⅰの問題Ⅰの(15)は【「って」の用法】です。 話し言葉ではいろいろな意味の「って」があるのでよく学生に聞かれますよね。 1の「って」は引用の「と」の意味です。話し言葉では「と」が「って」になることが多いです。 2、3、4…

【敬語おすすめ動画とは】平成29年度 日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題1の(14)

H29日本語教育能力検定試験Ⅰの問題Ⅰの(14)は【「ご」の用法】です。 私は敬語が苦手です…。敬語の授業をおもしろくするにはどうすればいいのだろう…という悩みはさておき、敬語といえば、文化庁の『敬語の指針』ですね。一番信頼できる資料ですし、敬語に関…

【副詞の呼応とは】平成29年度 日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題1の(13)

H29日本語教育能力検定試験Ⅰの問題Ⅰの(13)は【副詞の呼応】です。 副詞の呼応とは 副詞とは、主に述語を修飾する言葉。活用がありません。 副詞は、状態副詞・程度副詞・陳述副詞の3つに分類するのが有名です。 状態副詞とは 状態副詞(情態副詞・様態副詞…

【否定の焦点とは】平成29年度 日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題1の(12)

H29日本語教育能力検定試験Ⅰの問題Ⅰの(12)は【否定の焦点】です。 否定の焦点とは、否定されているのはどこか、ということですね。 1はぶつけたことを否定しているのではなく「わざと」を否定しています。 2は泣いていることを否定しているのではなく、「…

日本語教育能力検定試験の解説
お問い合わせ
プライバシーポリシー