日本語教育能力検定試験の解説

日本語教育能力検定試験の解説をしています。

平成29年度 日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題2

Sponsored Link

H29日本語教育能力検定試験Ⅰの問題2は異なる種類の学習者の誤用を選ぶ問題です。

(1)「知っています」を「ちっています」と発音する誤用

これは語頭の子音の誤りです。

1「や」が「じゃ」

2「じょ」が「よ」

3「つ」が「す」

これも語頭の子音の誤りです。

4は「しゅ」を「しゅう」としているので語頭の子音が誤っていませんが、「しゅ」→「しゅー」と長音になっています。よって、正解は4です。

 

(2)「担当者」を「たんとうもの」という誤用

これは音読みすべきものを訓読みした誤りです。

2、3、4も音読みすべき漢字を訓読みしています。

ですが、1は「だい」と読むべきを「たい」と呼んでいるので有声音が無声音になっています。

よって、正解は1です。

 

(3)「混雑しました」を「混雑になりました」とした誤用

1,2,4は同じく「になりました」→「しました」

でも、3は「になりました」→「にしました」となります。

1,2,4は「名詞+する」、3は「な形容詞+にする」

他には「優しくする」「大切にする」なども同じような使い方でしょうか。

よって、正解は3です。

 

(4)「遊ぶもの」を「遊びもの」とした誤用

V+Nのときは、辞書形にしなければならないのにマス形になっています。

全部辞書形にしてみると、

1.「吸うもの」(ジュースやお茶×)

2.「書くもの」(ペンや鉛筆〇)

3.「つかむもの」(箸やトング〇)

4.「ふくもの」(ハンカチやぞうきん〇)

と、1だけ、辞書形にしても意図と合いません。

1の間違いは「吸い物」は「日本料理の汁物」を指すのに、ジュースやお茶にも使えると思った間違いでしょうか。

よって、正解は1です。

 

(5)「私結婚したとき」を「私結婚したとき」とした誤用

従属節で「が」にすべきところを「は」にしている間違いかと考え、同じように「は」を「が」に変えてみると、

1.「わたしがその人に頼んでも」

2.「私がイケメンだったら」

3.「私が宿題を忘れると」

で、1から3まではOKですが。

4.「私が頭が痛いんですから、風邪を引いたかもしれません」

と4はおかしいです。

説明の「んです」と理由の「から」が一緒になっていてなんか気持ち悪いですね。

「(私は)頭が痛いんです。風邪を引いたかもしれません」

あるいは

「(私は)頭が痛いので、風邪を引いたかもしれません」

としたいところ。

よって、答えは4です。

 

 

日本語教育能力検定試験の解説
お問い合わせ
プライバシーポリシー