日本語教育能力検定試験の解説

日本語教育能力検定試験の解説をしています。

【アスペクトとは?】平成29年度(2017) 日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題3B

Sponsored Link

2017年(H29)日本語教育能力検定試験Ⅰの問題3Bは、【アスペクトにかかわる諸形式】に関する問題です。

 

 

(6)テイル形の特徴とは?

1.自他の対立がある。

自動詞と他動詞ということでしょうか。

確かに「窓を開けている」と「窓が開いている」などありますが、じゃあ、「食べている」は?「飲んでいる」は?

テイルだから自他の対立があるわけじゃなく、動詞によるようです。

2.有生・無生の対立がある。

有生性、生が有るものには「いる」、生がないものには「ある」の違いでしょうか。テイルとは関係なさそうです。

3.完了を表すことがある。

テイルがどの時点を表すのかは動詞によって違います。

例えば①「食べる」は「食べる」→「食べている」→「食べた」

ですが、

②「落ちる」は「落ちる」→「落ちた」→「落ちている」

になります。

②の種類の動詞に関しては、完了を表すといえると思います。

4.所有を表すことがある。

所有を表すテイルといえば、「持っている」ですが、これは、テイルが所有を表すというよりも、「持つ」という動詞が所有を表しているのだと思います。例えば、大辞林で「持つ」を調べると「所有する」という意味が出てきます。

よって、答えは3です。

(7)「ばかり」に関して、アスペクトを表す用法の例

「アスペクト」とは?

アスペクト」と言われればセットで「テンス時制)」も思い出されると思いますが、「テンス」がそれがいつ起こったのか?したのか? 過去? 未来? に関することです。一方「アスペクト」と言えば、それがどの段階か? どんな段階か? いまからするのか(直前・開始)? いましているのか(継続・進展)? 完了したのか(直後・終結)などを表すと私は理解しています。

というわけで「ばかり」のアスペクト用法といえば「Vたばかり」ですね☺

 ・彼は日本に来たばかりだ。

と言えば、彼が日本に来てからまだあまり時間がたっていないと話し手が思っているという意味になります。

よって、この意味の「ばかり」、そのアクションをしてからあまり時間がたっていないことを意味するばかりを探すと、4の「起きたばかり」になります。

よって、答えは4です。

(8)「終結」の例として最も適当なもの

 1.「給油しておこう」

「Vておく」は準備ですね。

例)明日はデートなのでATMでお金をおろしておこう。

2.「フルマラソンを走りきった」

「Vきる」は終結ですね。

例)10分で次郎ラーメンを食べきった。

3.「観光客が入ってくる」

「Vてくる」は離れているものが自分に近づいてくることを表しますね。

例)見知らぬ猫が部屋に入ってきた。

4.「渋滞も解消しつつある」

「Vつつある」はものごとが進行中であることを表しますね。

例)公園に野良猫が集まりつつある。

よって、答えは2です。

(9)動き動詞(非状態動詞)の性質とは?

1.①「知覚動詞」とは?

「見る」「聞く」「嗅ぐ」など感覚器官に関する動詞のことを知覚動詞といいます。自動詞の「見える」「聞こえる」などもそうです。

②「心理動詞」とは?

「喜ぶ」「悲しむ」など感情や心の動きに関する動詞のことを心理動詞といいます。

「知覚動詞」と「心理動詞」はアスペクトとは関係なさそうです。

2.①「動作動詞」とは?

「読む」「書く」「見る」「食べる」など、しようと思ってするアクションに関する動詞のことかと。

「動作動詞」の場合、テイルは動作の継続を表しますね。

例)ご飯を食べている猫はとてもかわいい。

②「変化動詞」とは?

「太る」「痩せる」「(電気が)つく」「(電気が)きえる」「死ぬ」など、変化を表す動詞のことか。

「変化動詞」の場合、テイルは変化の結果を表しますね。

例)お前はもう死んでいる。

「動き動詞(非状態動詞)」は、「動作動詞」と「変化動詞」にわけられます。よって、2が正解です。

3.①「2項動詞」とは?

助詞が2つ必要な動詞を2項動詞といいます。

学生に「私は食べました」と言われると「なにを??」とつっこみたくなるように「食べます」という動詞には「だれが」「なにを」という2つの補足語が必要です。よって「食べます」は2項動詞といえます。

②「3項動詞」とは?

同じく、助詞が3つ必要な動詞を3項動詞といいます。「あげる」「もらう」「渡す」「貸す」「借りる」「習う」「教える」「紹介する」など。

例)私はマドンナにチョコをもらい喜んだが、マドンナはみんなにチョコをあげていた。

「2項動詞」か「3項動詞」かはアスペクトに関係なさそうです。

4.「複合動詞」とは?

「歩き回る」「走り切る」など、複数の動詞からできている動詞を「複合動詞」といいます。前の動詞のマス形(連用形)に接続します。

反対に、「食べる」「飲む」など一つの動詞を「単純動詞」といいます(日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第4版p78)

①「語彙的複合動詞」とは?

複合動詞には「語彙的複合動詞」と「統語的複合動詞」があります。

「歩き回る」→「歩いて回る」のように、後ろの動詞にも元々の意味がのこっているものは「語彙的複合動詞」といいます。

②「統語的複合動詞」とは?

「飲みきる」→「飲んで切る?」×→「全部、飲む」のように、後ろの動詞の元々の意味がなくなっている(うすれている)ものは「統語的複合動詞」といいます。ここでの「きる」は「終結」を表すアスペクトの用法ということになります。

中級を学ぼう中級前期第2版」の第4課p57では複合動詞「V出す」の2つの意味を勉強しますが、

1)「空間的出現」を意味する「くしゃみが飛びだす」は「だす」の本来の意味が残っているので語彙的複合動詞

2)「開始」を意味する「雨が降りだした」は「だす」の本来の意味が薄れているので統語的複合動詞ということになります。ここでの「だす」は「開始」を表すアスペクトの用法です。

 

複合動詞の話と動き動詞(非状態動詞)の話は関係ないですね。よってこの選択肢も違います。

 

(10)副詞が述語のアスペクトの解釈を変更している例

1.こなごなに花瓶が割れている。

「割れている」は「割れる」という変化動詞がテイル形になって変化の結果を表していますね。これに「こなごなに」がついても結果の状態を表すというアスペクトの解釈は変わりません。「こなごなに」はどのように割れているかを表しているだけです。

よって、1が正解です。

2.ゆっくり幕が下りている。

「幕が下りている」だけだと「下りる」という変化動詞がテイル形になって変化の結果を表しているのかな、と思いますね。ところが、「ゆっくり」という副詞がついて「ゆっくり下りている」となると、動作の継続になり、アスペクトの解釈が変わります。

3.次々と当選が確定している。

「当選が確定している」だけだと、もう当選が決まったのかと、思いますね。つまり、結果の状態。ところが、「次々と」という副詞がついて「次々と確定している」になると、選挙速報を見ているような気持ちに。つまり、結果から継続にアスペクトの解釈が変わっています。

4.毎日牛乳を飲んでいる。

「牛乳を飲んでいる」だけだと、「いま何してんの?」「牛乳飲んでる」のように、動作の継続を表していると思いますね。ところが「毎日」がついて「毎日飲んでいる」になると、動作の継続ではなく習慣の話になりますね。よってこれもアスペクトの解釈が変わっているといえます。

日本語教育能力検定試験の解説
お問い合わせ
プライバシーポリシー